誰でも出来るお金の増やし方

資産運用や節約術で資産を増やす。

クレジットカードを選ぶたった3つの基準

 

 

健伍です。

 

 

皆さん、クレジットカードはちゃんと選んで使っていますか?

今回は私がクレジットカードを選ぶ上で使っているたった3つの基準をお伝えします。

 

 

「もうクレジットカードを使いこなしてるよ」という人は見直しの意味も込めて、

「まだ全然クレジットカードを使っていないなぁ」という方はクレジットカードを活用するきっかけにしてもらえればと思います。

 

 

①年会費とポイント還元率、年間決済額のバランス

年会費が無料ならば良いですよね。

ただし、年会費がかかるクレジットカードが多いのも事実。

では、年会費がかかる場合のありかなしかの判断方法をお教えします。

 

【年会費がかかるカードのありかなしかの判断方法】

まず、年会費÷還元率を計算してください。

還元率は100円につき1ポイントなら1%、1000円につき5ポイントなら0.5%となります。

ポイント!:上記の計算式でわかること

例えば年会費10,000円で還元率1%のクレジットカードがあった場合、

上記の計算式にあてはめると、10,000÷0.01=1,000,000となります。

つまり、年間100万円以上決済して初めて、貯めたポイントが年会費を上回る(元が取れる)ことになります。

この場合、年間決済額が100万円を超えるかどうかが重要です。

 

ただし、年会費が高いクレジットカードは、海外旅行保険が充実していたり、空港ラウンジが使えたり、何かしら特典があります。

その特典を享受する機会がどれほどあるのか、もし享受できる機会があるなら、支払う年会費に納得できればよいと思います。

 

 

 

 

②ポイントの使いやすさ 

次は、還元されるポイントの使いやすさです。

理想は1ポイントから使えるものです。

あてはまるものは楽天ポイント、Tポイント、dポイント、Pontaなどです。使い道が幅広いのでおすすめです。

1000ポイントから商品券に交換できるポイントもありますが、端数を使い切ることは難しいです。

ポイントに利用期限がないならまだしも、利用期限がある場合は消費のしやすさは重要です。またポイントを商品券や商品などに交換する必要がある場合、交換したものに使い道があるかどうか考えてみてください。

 

☆有名ポイントの使い道と特徴

(1)楽天ポイント

1ポイントから利用できます。最大の特徴は楽天ポイントだけの利用でもさらにポイントが貯められることです。楽天ポイントを貯められる代表的なクレジットカードは楽天カードです。

 

 

(2)Tポイント

YahooショッピングではYJカードで1円でも決済すれば、残りをすべてポイントで支払っても、YJカード利用分の割り増しのポイントが、利用金額全体で計算されます。

例えば、Yahooショッピングで1000円の買い物をすると、YJカード利用分が付与されます。

このカード利用分のポイントは1円でもYJカードで決済すれば、1000円に対し3%付与されます。

楽天市場楽天カードを使う場合のカード利用分のポイントは、カード利用金額に応じて付与されます。

100円だけカード決済すれば、100円に対してのみカード利用分のポイントが付与されます。

 

③入会キャンペーンがお得か

 

クレジットカードは入会するとキャンペーンをやっていることが多々あります。

例えば、楽天カードは定期的に楽天ポイントが7000~8000ポイントもらえる入会キャンペーンをやっています。 

 

楽天カードのお得なキャンペーンは以下から確認できます。

まだ楽天カードをお持ちでない方はぜひ!

<a href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TER6I+A1ZKKY+FOQ+C2VV5" target="_blank" rel="nofollow">

<img border="0" width="468" height="60" alt="" src="https://www20.a8.net/svt/bgt?aid=170329626608&wid=001&eno=01&mid=s00000002033002029000&mc=1"></a>

<img border="0" width="1" height="1" src="https://www14.a8.net/0.gif?a8mat=2TER6I+A1ZKKY+FOQ+C2VV5" alt="">

 

 

 いかがでしたか?

これを機にご自身のクレジットカードを見直してみるといいかもしれません。

今更聞けない確定拠出年金②

 

こんにちは。健伍です。

今回は前回に引き続き、確定拠出年金についての記事です。

確定拠出年金でどのような投資信託を選ぶべきかを中心に

お伝えしていきます。

 

 

確定拠出年金で決めること

前回の記事でもまとめましたが、確定拠出年金の導入により、将来に備えた資産形成は会社任せではなく、個人で行わなくてはなりました。

 

個人で投資信託を選択し、運用しなくてはなりません。

 

運用の結果次第で退職後受け取れる金額が大きく変化してしまうので、どの商品を選択するかは重要となります。

 

投資信託は予め用意されているものから選ぶ必要があります。

勤務先の確定拠出年金の運営会社によって、選べる商品に違いがあります。

 

例えば、国内株式インデックスファンドはたいてい1種類しか用意されていないことが多いので、どの国内株式インデックスファンドにするか悩む必要はありません。手数料が安い投資信託があったとしても、選択肢になければ選ぶことができません。

 

しかし、国内株式のみならず、投資する地域(国内、先進国、新興国)、投資する商品(株式、債券、不動産)の中から、どの投資信託をどのくらいの割合で購入するか決める必要があります。

 

あらゆる資産がミックスされたバランス型と呼ばれる投資信託もありますし、定期預金もあります。

 

既に購入した投資信託を売却し、他の投資信託を買うこともできます。一般的にスイッチングと呼びます。

毎月積み立てる掛け金で購入する投資信託を変更することもできます。

 

どの投資信託をどの割合で購入するかが、将来受け取る金額に影響するので慎重に選択する必要があります。

 

 

◎どのような資産割合にすべきか。

 

それではどの投資信託をどのような割合で購入すべきなのでしょうか。

その方針は以下3パターンの型によって異なります。

 

(1)超安定型

絶対に損をしたくない方は、定期預金、生命保険、国内債券の割合を高くしましょう。定期預金と生命保険は運用利回りが0.1%にも満たないですが、元金が保証されています。

国内債券も利回りは低いですが、比較的安全な投資先として知られています。

しかし、長期的な視点で見ると、決しておすすめできません。

特にまだ若い世代は時間を味方につけて、(3)で紹介する積極運用型を選択するとリターンが大きくなります。

 

(2)中庸型

大きな損もしたくないけど、少しくらいは運用にチャレンジしてみたいという方は、バランス型投資信託に投資してみましょう。

自分で割合を考える必要はありませんが、国内株式や先進国株式など比較的リスクを取る資産を組み入れることができます。

 

(3)積極運用型

ぜひ積極的に運用してみたいという方は、バランス型投資信託も良いですが、自分でオリジナルの割合で投資してみましょう。

債権の割合を下げ、リターンの大きい株式やリートの割合を高くしましょう。

国内よりも先進国、先進国よりも新興国の順にリスクが大きくなりリターンが大きくなります。

リタイアまでの時間がたっぷりある若い世代の方はぜひ積極運用にチャレンジすべきです。

 

◎リスクとリターンについて

世の中の投資はリスクとリターンがつきものです。

リスクが大きくなれば、リターンも大きくなります。

リターンが小さい投資は、リスクも小さくなります。リスクが小さいがリターンが大きい投資は存在しません。

しかし、投資先や投資時期を分散させることで、リスクを分散させることができます。

 

 

分散投資をしよう

分散投資とは何でしょう。

投資先を分散させましょう。地域や資産の分散がここに当てはまります。

 

投資信託ならば、

・国内、先進国(日本を除く)、新興国という地域別

・株式、債券、不動産という資産別

というように分散投資するとよいです。

 

 

いかがでしたか?

入社以来、確定拠出年金を触っていないという方は、

ぜひどのような投資信託を選んでいて、どの程度の運用利回りなのか

チェックしてみることを強くお勧めします。

 

 

次回は私が実践している確定拠出年金の運用方法をお教えします。

 

今更聞けない確定拠出年金①

 

こんにちは。健伍です。

今回は確定拠出年金について簡単に解説していきます。

 

 

確定拠出年金って何?

最近確定拠出年金という言葉、よく耳にしませんか?

実は確定拠出年金には企業型、個人型の2種類あります。

 

(1)企業型確定拠出年金

会社が福利厚生として用意している場合は企業型確定拠出年金に加入しています。

この場合掛け金は会社が負担していることがほとんどです。

 

掛け金は給与と連動していることが多く、退職金のポイント制に組み込まれていることもあります。

掛け金の金額や会社の負担割合については確認してみるといいです。

 

(2)個人型確定拠出年金

会社が用意していない場合や、会社勤めをしていない方は個人型確定拠出年金を利用できます。

 

個人型確定拠出年金iDECO(イデコ)という愛称がつけられ、2017年1月から加入できる対象が大きく広がりました。

企業型確定拠出年金に加入している方も加入できるようになり、誰でもiDECO(イデコ)に加入できるという触れ込みでした。

しかし、iDECOの加入には会社の許可が必要なため、誰でも加入できるという認識は誤りです。

→「企業型確定拠出年金に加入しているけどiDECOに加入できなった件」で取り上げます。しばし更新をお待ちください。

 

会社が個人型確定拠出年金への加入を認めていない場合は加入できません。

もし個人型確定拠出年金に加入できる場合は、メリットが大きいです。

掛け金は自己負担となりますが、掛け金はすべて所得控除されるので、所得税が安くなります。

 

 

確定拠出年金の歴史

確定拠出年金は、確定給付年金の代行品として、国が主導し開始されました。

かつての確定給付年金は毎月一定額を積み立て、会社が従業員の代わりに運用し、決められた利率で退職後に支払われる年金でした。

 

しかし、運用状況が決められた利率に負けている場合は、会社が補てんする必要が生じ、会社の負担が大きくなっていました。

そのため、掛け金は会社から支給し、運用は従業員各人に任せる確定拠出年金が始まりました。運用は個人任せとなったわけです。

 

会社は確定給付年金のような補てんの必要はなくなり、確定拠出年金の掛け金を一定額支払うことになりました。

支出を決めておくことができるので、経営の見通しも立て易くなりました。

 

企業は福利厚生に割く余裕がなくなってきていると言われていますが、大いに疑問です。

いずれ企業に収入を依存しない世の中がやってくるのではないかと…。

 

さて、かつて確定給付年金を導入していた会社は次々と確定拠出年金に移行しています。

確定給付年金を撤廃し、確定拠出年金が100%となった会社もあります。

一方で、確定給付年金は残しつつ、確定拠出年金の割合が決められている会社もあります。

会社によって事情は様々です。

 

 

いかがでしたか?

次回は確定拠出年金でどのような投資信託を選ぶべきか、お伝えします。

 

節約術~買い物編~

 

こんにちは。健伍です。

 

みなさんは節約を意識して生活していますか?

投資も大切ですが、節約することも大切です。

節約の意識を高めることで、浪費を防止することができます。

そこで今回は、私が実践している節約術~買い物編~を紹介していきます。

 

 

①コンビニは使わない

24時間営業しており、どこにでもあるコンビニは大変便利です。

しかし、定価で販売しているため、安売りしているスーパーやディスカウントストアよりも割高となってしまいます。

また、レジ脇のホットフードなどついつい余計なものを買ってしまいがちです。

コンビニは緊急時以外は利用しないことを心がかけましょう。

私はコンビニで買い物することは滅多にありませんが、「スーパーならもう少し安いな~」と悔しがるようにしています。

 

 

②ペットボトルは2lを活用する

500mlのペットボトルに入った飲み物は持ち運びが便利で手軽なので、ついつい買ってしまいがちです。

しかし、500mlより2lの方が安く済む場合がほとんどです。

500mlも2lも価格の差はほとんどありません。

日常的に500mlのペットボトルを購入している場合、自宅で2lのペットボトルから、タンブラーや水筒に移し替えて会社に持っていくと良いです。

私もマイタンブラーに移し替えて会社へ持参しています。

 

 

③重いものはスーパーの方が安い

食品のうち重量物(水や米など)は、アマゾンなどのネットショッピングは追加料金が加算されており、スーパーの方が安いことが多いです。

運ぶ手間との相談にはなりますが、近くにスーパーがある場合や車で来店できる環境の場合は、スーパーで購入することをおすすめします。

 

 

④比較しながら買い物する

スーパーで買い物する際は、アマゾンなどのネットショッピングと価格を比較しながら買い物する癖をつけると良いです。

私は、スーパーの方が安ければそのまま購入し、ネットショッピングの方が安ければネットショッピングで購入するようにしています。

 

 

⑤ネットショッピングの送料無料条件

便利で最低価格が見つかりやすいネットショップですが、送料がかかってしまったのでリアル店舗で購入したほうが安かった!なんて経験はありませんか?

ネットショッピングは送料無料となる下限金額が設定されていることが多いです。

そのため、送料無料になるようにまとめて買い物するとよいでしょう。

しかし、送料無料にするために要らないものを購入するのは本末転倒なので避けてください。まとめ買いがベターです。

送料無料の下限…ヨドバシカメラ:無料、ロハコ:税込み1900円以上など

 

 

⑥サンプル百貨店の利用

サンプル百貨店というサイトをご存知ですか?

サンプル百貨店では、お茶や水、お菓子などが定価の半額程度で販売しています。

パッケージデザインが古いものや、キャンペーン応募時期が過ぎたもの(賞味期限は切れていない)など、定価で販売できなくなったものが買えます。

ただし、量が多いため、私は花見やバーベキューなどの大量消費が見込まれるイベントでの飲み物やお菓子の調達に利用しています。

 

 

 

最後に…

投資も大切ですが、浪費していないか、普段の家計に無駄がないか

今一度見直してみてはいかがでしょうか。

次回は節約術~自炊編~でお会いしましょう!

 

ソーシャルレンディングとは

 

こんにちは。

健伍です。

 

今回は私が780万円を投じている

ソーシャルレンディングについて

簡単にご紹介します。

 

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)とは

ソーシャルレンディング事業会社を仲介して、個人が匿名組合に資金を貸与し、貸出金利を受け取る比較的新しい投資です。

日本国内ではmaneo社がリーディングカンパニーとなっており、ここ数年で事業会社は20を数えるまでになりました。

ソーシャルレンディングは ミドルリスク・ミドルリターンの投資とも言われています。

投資資金も最低1万円からで済み、初心者もとっつきやすいのが特徴です。

 

 

ソーシャルレンディングの特徴とは

株と比較するとわかりやすいです。

 

・資金の流動性

株:いつでも売買できる。

ソーシャルレンディング:一定期間資金が拘束される。

 

・収益

株:利益がどのくらい出るか、そもそも出るかわからない。

ソーシャルレンディング:目標金利が設定されており、大きく上回ることや下回ることはほとんどない。

 

・リスク

株:貸し倒れリスクはないが、倒産リスクがある。

ソーシャルレンディング:貸し倒れリスクがある。事業会社の倒産リスクもある。

 

・租税

株:分離課税である。

ソーシャルレンディング:総合課税で雑所得扱いである。

 

・情報アクセス

株:上場銘柄を購入する場合、その会社の財務状況や決算を確認することができる。購入を検討する情報が公になっており、誰でもアクセスすることができる。

ソーシャルレンディング匿名組合への投資になるため、投資先の詳しい状況を知ることができない。

 

 

分散投資方法はあるの?

事業会社と投資案件を分散する他、分散投資する方法はありません。

複数の事業会社で投資すると、口座管理が煩雑になりますが、リスクは小さくすることが賢明です。

 

 

④借金をしてレバレッジをかけるべきか?

確実ではないものの、他の投資方法に比べて、ある一定の利率で収益をあげることができるとわかっているのがソーシャルレンディングです。

そのため、投資案件の金利が、借金の貸出金利を上回れば、その差は収益になります。

 

日本国内はマイナス金利政策になりました。

その影響で、住宅ローンの金利は軒並み2%を割るなど、個人向けでも借入金額が高額なものは金利が低くなっています。

しかし、比較的低額の借入金利は決して低くありません。

ソーシャルレンディングはある一定の期間以上は資金が拘束されるため、「早く返せば金利が安いorない」という消費者金融のキャンペーンには不向きです。

例えば、レイクでは、180日間金利0%というキャンペーンを行っていますが、貸し出しは最大5万円までで、初回限定です。

 

ソーシャルレンディングに投資する以上、借入が少額でも低金利で、用途を問わないという条件が揃う必要があります。

これらの条件に合致するのが、株や公社債等を担保とした、証券会社による資金貸し出しサービスです。

 

例えば、野村證券ではWebプラスローンという商品があり、資金の使い道は自由です。

詳細はこちら。

www.nomura.co.jp

 

利用するためには、該当証券会社に株や公社債等を預入していないとなりません。

複数の証券会社に資産を振り分けている場合は、該当証券会社へ資産移動をする必要が出てきます。

しかし、移動手数料は高額なので(3万円前後がほとんど)、資金を借りるためにわざわざ移動を伴うのは本末転倒かもしれません。

 

 

最後に…

いかがでしたか?

銀行預金に眠らせている資金がある方はぜひソーシャルレンディングを活用してみてください!

 

絶対に選んではいけない投資信託

 

こんにちは。

健伍です。

 

今回は長期投資の観点から、絶対に選んでいけない投資信託の特徴をご紹介します。

 

 

①手数料が高い。

 

手数料よりもはるかに高い運用成績を上げていれば話は別ですが、手数料が高いとそれだけ利益が少なくなります。

投資額によって手数料が変化する投資信託は少額での積み立てには不向きです。

少額で積み立てる場合は手数料が少ない方が良いです。

 

 

②預入金額が大きくない。

 

いつ設定された投資信託なのかにもよりますが、目安としては預入金額の総額は100億円あると良いでしょう。

預入金額が減少している投資信託は資金が流出している証拠なので避けましょう。

投資信託の評価金額が下がっても預入金額が上昇していると良いです。

 

③毎月分配型である。

 

毎月決算型や毎月分配型と書かれている投資信託は、収益を再投資することができません。

再投資は複利の効果を享受するために欠かせません。

 

 

④テーマ型

 

トレンドは時々刻々変化するため、特定のテーマの投資信託は長期投資に向きません。

投資信託は長期投資してメリットが大きくなる投資商品です。

テーマ型はそのテーマの旬が去ってしまうと、たちまち預入金額が減少し、評価金額も下がってしまいがちです。

長期投資の為にも、その場の流行りのテーマ型は避けるべきでしょう。

 

 

以上4点に注意して、投資信託を選択してください。

資産状況(2017年12月)

 

お久しぶりです。健伍です。

資産状況を更新します。

 

1.資産状況

合計:¥10,133,601

預貯金:¥595,201

個別株:¥872,761

確定拠出年金:¥312,483

投資信託:¥553,147

ソーシャルレンディング:¥7,800,000

(※生命保険、年金、ポイント等現金同等物は除いています。)

 

2.現況

ついに1000万円の大台を突破しました。

生命保険、年金、ポイントそれから一括購入した車など

上記に含めていない資産もありますが、

それらを合わせると1200万円くらいになります。

※車は売却予想価格として購入価格の50%くらいで計算。

 

来年の3月で社会人丸3年となりますが、

4年目を迎える前にひとつ目標が達成できたことは

大きな自信に繋がりそうです。

 

3.資産別概況

(1)ソーシャルレンディング

10月に比べ110万円増加しました。

グリーンインフラレンディング:710万円

クラウドリース:60万円

LENDEX:10万円

へ投資しています。

グリーンインフラレンディングの一極集中からやや脱却を図ろうとしています。

2018年はクラウドリースに少し資金を振り向けていこうと思っています。

 

(2)投資信託及び確定拠出年金

若干増加しました。引き続き株高の恩恵を受けています。

 

(3)持株会→個別株

個人口座に引き出したため、個別株へ名称変更しました。

こちらも株高の恩恵を受けており、20万円ほどの含み益です。

 

4.今後の展望

資金は順調に増えてきたため、ソーシャルレンディングで安定資金を稼ぎつつ、

株式投資へも資金を振り分ける予定でいました。

しかし、有り難いことに昨今の株高により、

投資対象の発見が初心者の私にはあまりにも困難なため、

次の株式市場の混乱を待って、本格参入したいと思っています。

しばらくソーシャルレンディングで月6~7万を安定して稼ぐことになりそうです。

 

みなさんはどうやって投資対象を探しておられるのでしょうか。

コメント等でご教示いただけたら幸いです。